水素水はお肌の味方~肌トラブル改善のサポーター~

洗顔には水素水を使う時代!
~水道水で活性酸素が増える?~

洗顔を見直すことで、肌トラブルを改善することができると前のページで説明してきましたが、
普段洗顔を行なう際は、どのような水を使用していますか?
きっと多くの方が、水道水を使用した洗顔を行なっていると答えるでしょう。
安全性の観点から考えても、国内の水道水はきちんと消毒がされており、
飲用することができるほどの水質に保たれています。

しかし、水を消毒する際に使用される消毒薬には、次亜塩素酸が含まれて
いて、この成分が原因で体内に活性酸素が発生してしまうのです。
美肌を目指すために行なう洗顔も、活性酸素の発生を誘発してしまっては、本末転倒ですが水素水を使えば回避することができます!

知っておこう!水素水の基礎知識

「そもそも、水素水って何?」このような疑問をもつ方もいますよね?ここでは水素水について詳しく触れてみたいと思います。
その前に、一度水についてもおさらいしておきましょう。まず、化学式で水を表す場合、次のようになります。

  • 水(H2O)=水素(H2)+酸素(O)
  • この化学式を見ていただくと分かる通り、水には既に水素が含まれていますが、この状態からさらに水素を含ませた状態が水素水となります。つまり、普通の水と水素水の違いは、
    水分に含まれている水素分子の量の違いということになります。
    この水素分子の量の違いこそ、美肌になるためのカギとなるのです!
    水素分子は活性酸素と結びつく性質をもちます。この2つの物質が結合すると、無害な水へと還元され体外へ排出されていきます。
    水素水の味や見た目に関しては、通常の水と同様で無味無臭ですし、水素は厚生労働省が認可している食品添加物となっているので、
    安全かつ副作用の心配はありません。洗顔の際の水道水や化粧水の代わりとして使用できるので、肌トラブルの改善に効果が期待できるのです。

    水素水

    水素水がもつ魅力的な美肌効果

    肌トラブルの原因となる活性酸素は、敵視されることも多いのですが、酸化を招いてしまうのはごく一部の悪玉活性酸素なのです。
    水素水は、この悪玉活性酸素のみに反応して結合するので、効率よく体内の酸化を予防することができるのです。
    血流の悪化や、老廃物の排出が滞った状態の肌も、水素水によって改善することができます。
    また、水素分子が肌細胞内の遺伝子に働きかけることで、新陳代謝も促進されることが分かっています。
    効率よく水素水を活用することで、体内環境全体を整えることも可能となってきます。
    美容と水素水の関係性は、現時点では研究段階となり科学的な証明にいたっていませんが、効果を実感する方が多いのもまた事実です。

    水素水濃度

    水素水の濃度について

    市販されている水素水の中には、「高濃度水素水」といった表記の商品も存在します。
    水素水に含まれる水素濃度は、高いほど美肌に効果があるとされているので、購入の際は表示を確認しておきましょう。
    水素濃度の表記にはバラつきがあり、どの程度の値が高濃度となるのか把握しづらいこともあります。
    一般的に、水素濃度は「ppm(ピーピーエム)」という単位で示されます。つまり、この数値が高いほど高濃度ということになります。
    ですが、高濃度だからと言って、必ずしも安定した水素濃度が維持されるわけではありません。
    水素は非常に細かい分子のため、水に溶け込ませても、時間の経過と共に水から抜け出してしまうのです。
    現時点で保てる水素濃度の限界ラインは、1.57ppmだと言われています。
    商品によっては、1.57ppmを大幅に上回る水素濃度を表示していることもありますが、そのような値を維持できるのはほんの数秒ですし、
    開封後空気に触れれば、やはり水素分子は水から抜けていきます。

    水素水を美容目的で使用するなら~水素水の種類~

    目的に合わせて選ぶ水素水の商品タイプ

    コップに注がれる水

    スティックタイプ

    コストパフォーマンスと、新鮮さで考えるとスティックタイプがオススメです。
    水素生成器をスティック型にしたこのタイプは、ボトルと水を用意するだけで簡単に水素水が作れてしまいます。
    大掛かりな道具の用意も不要なので、自宅や会社でも新鮮な水素水を作ることができます。
    セッティングは、毎回自分で行なうことになるので、やや時間や手間がかかってしまいます。

    パウチパッケージ

    アルミパウチタイプ

    手間がかからず、気軽に水素水を飲むことができるのが、このパウチタイプになります。
    サイズの割にはやや高価な印象を受けますが、コンビニやドラッグストアでも購入することができるので、
    水素水を作る時間や手間を短縮したい方にオススメです。ペットボトルやアルミ缶よりは、水素濃度を安定して保つことができます。

    ウォーターサーバー

    サーバータイプ

    毎日、水素水を使った洗顔を行ないたい方や、スキンケアに取り入れたい方にオススメなのがこのサーバータイプです。
    サーバー内に水素発生器が設置されており、スイッチ1つでいつでも新鮮な水素水を作りだすことができる商品となっています。
    スティックタイプや、パウチタイプに比べると初期費用がかかってしまいますが、その分コストパフォーマンスに優れています。設置型や卓上型、携帯型など色々な規格があるのも魅力の1つでしょう。

    ランニングコストを考えるならサーバータイプを選ぼう!

    ウォーターサーバーボトル

    肌トラブルの改善には毎日の洗顔が欠かせませんが、
    水素水を使うとなるとそれなりの量が必要となってきます。
    スティックタイプやパウチタイプの水素水は、飲用が主な目的となるため洗顔に使用するには十分な水量とは言えず、コストパフォーマンスの面から考えても負担が大きいでしょう。
    気兼ねせずに水素水洗顔を行ないたいなら、生成量やコストパフォーマンスに優れたサーバータイプの導入がオススメだと言えます。

    「だけど……、サーバータイプの導入にはお金が必要だから、簡単には設置できないよ。」

    このようなイメージをもつ方もいるとは思いますが、サーバーは購入以外にレンタルすることもできるので、初期費用を抑えることもできます。
    初期費用や月々のレンタル料は、メーカーによって異なりますが3,000円前後から利用することができるのでお得なんです。