20代を対象とした肌トラブル事情

20代を対象とした肌トラブル事情

年代によって肌トラブルに関する悩みは変わってきます。
20代になると、日常的にメイクをすることが多くなり、肌にかかる負担が増えていきます。
また、この年代でスキンケアを重視する方の割合は少なく、

食事や生活習慣が乱れるのと比例して、肌トラブルの発生頻度も上がっていきます。
20代になると、10代よりも肌の水分量が減り、
紫外線の蓄積も加わり肌の乾燥や毛穴の開きに悩まされることになります。

20代 お肌の悩みグラフ
  • 出典:「とりい皮膚科クリニック監修 FEMMELメディカルエステ」
  • 肌トラブルが起こる原因とは?

    肌トラブルは、大きく分けて2つの原因が考えられます。
    まず1つ目の原因が、紫外線や大気汚染、
    添加物を多く含んだ化粧品などによる、体の外側から受ける刺激です。
    これらの刺激を日常的に受けていると、肌質が悪化して
    ひどい乾燥肌や炎症に悩まされることになります。
    次に2つ目の原因が、ビタミンやミネラルが不足した食生活や、
    睡眠不足やストレスによる、体の内側から受ける刺激です。
    生活のリズムが乱れてしまうと、胃腸の働きも鈍くなり栄養素の吸収がうまくいかず、
    肌荒れの回復に時間がかかってしまいます。

    有害な紫外線を浴び続けた肌 食生活のバランスの乱れ 睡眠不足やストレス 肌トラブルへ繋がる

    肌トラブルを改善するには?

    顔を触る女性

    正しいスキンケアを行なう

    表皮にある角質層こそが、肌トラブルの改善のカギとなります。
    角質層に含まれる水分量が15%~20%に維持されることで、
    外部から受ける刺激から肌を守り水分の蒸発を防ぐことができます。
    角質層を正常に機能させるためには、洗顔で肌に付着した汚れを落とし、
    化粧水で保湿を行なって肌を整えることが大事です。
    スキンケアの基本中の基本と言える洗顔ですが、
    過剰な洗顔を続けて必要な皮脂まで洗い落としてしまっている方もいます。
    角質層の潤いを低下させないためにも、正しい洗顔方法を把握しておきましょう。

    睡眠中の女性

    食事と睡眠に気をつける

    食生活の乱れは、肌の乱れと深い関わりがあります。
    肌を形成する上で、食物から摂取する栄養素は欠かせないのです。
    特に、肌ダメージを修復するたんぱく質や、美白作用を促すビタミンの摂取は意識してみましょう。
    たんぱく質は、肉や魚、卵に含まれていますし、果物や緑黄色野菜からはビタミンを摂取することができます。
    また、肌トラブルを改善する上で、十分な睡眠をとることは必須と言えます。
    睡眠の質を意識して、成長ホルモンの分泌が増えるように深い睡眠状態である、
    ノンレム睡眠を目指しましょう。

    日傘をさす女性

    UVケアを怠らない

    短時間であっても、日常的に紫外線を浴びてしまうと、肌のバリア機能を低下させてしまいます。
    そうなってしまうと、角質層に含まれる水分が失われ肌が乾燥してしまい、
    角質層の乱れからカビや細菌が肌内部に侵入してしまいます。
    この状態が進み悪化してしまうと、乾燥肌になり、
    痒みや炎症といった肌トラブルを引き起こしてしまいます。
    外出時には、日傘や帽子、サングラスなどUVカット効果のあるケア用品を活用しましょう。
    肌のほてりや赤みを感じた時は、
    美白化粧水を使うなどスキンケアを入念に行なっておくことが大事です。

    女性のお腹

    ホルモンバランスのリズムを把握する

    ホルモンバランスの乱れから起こる、肌トラブルに悩まされる女性も少なくはないでしょう。
    特に、生理が始まる数日前から肌のバリア機能も低下しているので、いつも通りのスキンケアを行なっても乾燥が目立つことがあります。肌のコンディションを維持するには、日ごろから基礎体温の記録をとり、自分の月経周期を把握しておくことが大事です。
    月経周期を把握することで、体調に合った過ごし方ができますし、ストレスを軽減することで肌にかかる負担を取り除くこともできます。
    また、生理中はできるだけリラックスできるように努めましょう。
    ゆったりとした衣類に身をつつみ、体が冷えてむくまないように注意しましょう。

    基本中の基本!~肌をいたわる正しい洗顔方法~

    洗顔の基礎は
    肌に負担をかけないこと

    水素水で顔を洗う

    洗顔前に水素水で顔を洗う

    洗顔を行なう前には、必ず手を洗い綺麗になった状態でスタートしましょう!次に、適温の水素水で顔を洗い、小さなホコリや余分な皮脂を落としていきます。この段階は、本格的な洗顔に入る前の大事なステップとなります。

    泡を立てる

    十分に泡を立てる

    まず適量の洗顔料を手にとり、水素水を加えながら泡立てていきます。キメの細かい泡を作るためには、空気を含ませるように泡立てるのがコツですが、洗顔用ネットの使用もオススメです。手の間で弾力を感じられる泡が立てばOKです。

    Tゾーンを洗う

    Tゾーンから始める

    洗顔を行なう際は、皮脂の分泌が多い部分から泡をのせていきます。まず、Tゾーン(額や鼻筋)に泡をのせたら、円を描くように泡を広げて汚れを吸着させていきましょう。
    肌をこすらないように、泡の弾力を利用するのがコツです。

    Uゾーンを洗う

    Uゾーンを軽く洗う

    Tゾーンの次は、Uゾーン(頬やアゴ)に泡をのせて洗顔していきましょう。Uゾーンも、クルクルと円を描くように泡を広げながら汚れを吸着させましょう。顔全体に泡が広がったあとに、皮膚の薄い目元や口元にも泡をのせていきましょう。

    綺麗になった顔

    すすぎ残しがないように洗う

    泡を顔全体にのせて、汚れの吸着を行なったあとは適温の水素水で洗い流していきます。
    フェイスラインやこめかみなどは、すすぎ残しが多い場所なので、最後にしっかり確認しましょう。

    洗顔前のひと手間で素肌美人

    タオルに触れる女性

    肌に付着した汚れをよりしっかり落としたい時は、
    水素水で作った蒸しタオルを使ってみましょう!
    洗顔前に蒸しタオルを肌にのせ、数分温めるだけで肌のこわばりがほぐれるような感じになり、毛穴が開いていきます。

    蒸しタオルから出る蒸気は、リラックス効果も高めてくれますし、
    血行が促進された肌は血色が良くなります。
    洗顔後の肌は透明感がうまれ、もっちりとした感触になっているでしょう。
    レ化粧水として水素水を使うと、化粧水や乳液の浸透も良くなるのでオススメです。

    ▼関連リンク「水素水の効果・効能まとめ【水素百科事典】」

    水素水の効果・効能まとめ【水素百科事典】